ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > よくある質問

本文

よくある質問

印刷用ページを表示する更新日:2018年9月30日更新

登録・利用カード

施設

貸出

 

 

登録・利用カード

Q 本を借りるにはどうしたらいいですか

A 利用登録が必要です。
登録できる方

  • 東久留米市内に在住、在勤、在学の方
  • 小平市・東村山市・清瀬市・西東京市・新座市にお住まいの方

市内の各図書館で受付しています。


Q 利用カードを作るには何が必要ですか

A 利用登録をしますので、氏名・住所が確認できるもの(健康保険証、有効期限内の運転免許証、学生証、郵便物など)をご本人がご提示ください。
在勤・在学の方は、在勤・在学を証明するもの(社員証、学生証など)をあわせてお持ちください。
利用カードの有効期間は3年間です。


Q 子どもの利用カードをつくるにはどうしたらよいですか

A 小学生以下のお子さんは、保護者の方と一緒にご来館いただき、保護者の方の氏名・住所が確認できるものがあれば、利用登録ができます。
なお、子どもであっても、氏名・住所が確認できるものがあれば利用登録はできますが、申請書の記入ができないお子さんは、保護者の方と一緒にカウンターへお越しください。
また、保護者の方のみがご来館され、お子さんの利用登録をされる場合は、子どもの氏名・住所が確認できるものをお持ちください。


Q 代理の者でも利用カードをつくれますか

A 原則、ご本人が来館し、手続きをしてください。
なお、病気療養など、特別の理由がある場合にはご相談ください。


Q 登録事項(住所、電話番号など)に変更があった場合、手続きは必要ですか

A 変更の手続きが必要です。変更後の氏名や住所が確認できるものをお持ちください。


Q 利用カードをなくしてしまいました。どうしたらよいですか

A 利用カードの紛失手続きをしますので、氏名・住所が確認できるもの(健康保険証、有効期限内の運転免許証、学生証、郵便物など)をご本人がご提示ください。
1週間有効の「紛失時仮利用カード」をお渡しいたしますので、もう一度よくお探しください。
お手続きいただいた1週間後以降に「紛失時仮利用カード」をご提示いただきますと、利用カードを再発行いたします。
なお、紛失手続き中も資料の貸出はできますので、お申し出ください。


Q パスワードの登録、変更する方法を教えてください。

A 図書館内の利用者端末もしくは図書館ホームページのマイページからパスワードの登録・変更ができます。


Q メールアドレスの登録、変更する方法を教えてください。

A 図書館内の利用者端末もしくは図書館ホームページのマイページから行うことができます。
また、家族で同じメールアドレスを登録することができますが、パスワードは個人ごとに登録してください。

 

 

施設

Q 駐車場はありますか

A 中央図書館には専用駐車場があります。地区館には駐車場はありません。

中央図書館駐車場
 

  図書館の専用駐車場は、建物の北側(P1)にあります。(11台 うち1台は身障者用駐車スペース)
  また、隣接する、まろにえホール(生涯学習センター)と共用の駐車場(P2)があります。(25台程度)


Q 自習できるスペースはありますか

A 中央図書館2階に中央図書館多目的室、西部地域センター2階に滝山図書館多目的室をそれぞれ開設しており、図書館のイベント等に使用するときをのぞき、学習室としてご利用いただけます。

 

貸出

Q 貸出期間の延長はできますか

A 貸出期間内であれば、1回に限り手続きした日から2週間延長ができます。
図書館内の利用者端末や図書館ホームページ、または電話にてお手続きください。
ただし、貸出期間が過ぎている資料、予約が入っている資料、視聴覚資料、都立図書館や他の自治体から借り受けた資料は延長できません。


Q 利用カードを忘れた場合でも貸出ができますか

A 「利用カード忘却時臨時利用票」にご記入いただき、カウンターまでお越しください。


Q 家族の予約資料の受け取りを頼まれました。何が必要ですか

A 予約した方の利用カードが必要です。利用カードを忘れますと、予約資料の受け取りはできませんので、ご注意ください。
なお、利用カードをお持ちいただくことで、家族の委任を受けたとみなします。


Q 借りた資料をなくしてしまった場合はどうしたらいいですか

A お探しいただいても見つからない場合は、弁償していただきます。カウンターにご相談ください。
なお、映像資料(DVD等)については、館外貸出に関する著作権処理がされた資料になります。
そのため、弁償いだたく際には補償金が含まれるため、市販のものより高額となります。


Q 借りた資料を汚したり、破いてしまった場合はどうしたらいいですか

A 資料の状態によっては、弁償していただきます。カウンターにご相談ください。
なお、破れてしまった場合は、市販のテープなどで修理せず、そのままの状態でお持ちください。

 

ページトップの上に戻る